一年の運を調べる

占いの選び方は

女の人

2017年に入り、自分の運勢が気になっているという人も多いのではないでしょうか。特に最近恋をしていて告白をする、転職をするなど大きな決断が必要になるときは占いの力を頼りたくなるものです。占術の数は多く、どの占いを選べば自分に適しているのか知りたいという人もいるでしょう。今回は2017年の運勢を占うのにも適した、評判の占術についてご紹介します。2017年の運勢を占いのにまず挙げられるのが、九星気学です。九星気学は九つの星と十二支を絡め占いを行います。パターンは1000通り以上あるといわれており、自分の運勢を知りたい人は一度試してみるのも良いかもしれません。九星気学では性格や能力、バイオリズムなどを調べることが可能です。そのため自分の性格を客観視して恋に繋げたい、気がついていない能力を知り転職に活かしたいなどの人にも高い人気を集めています。次に挙げられるのは、姓名判断です。姓名判断は経験がある人も多いでしょう。姓名判断は、自分の名前や画数を使用することで占いを行います。2017年の運勢を知りたいというときも、自分の名前を使用することで信憑性が高く感じられるというメリットがあります。信じる気持ちが強いほど、良い運気も掴みやすくなるかもしれません。どのタイミングで行動に移すべきか悩んでいる、決断のための後押しが欲しいという人にとって、占いは背中を押してくれる心強い味方になってくれるでしょう。

行動の指針として

考える人

九星気学は中国で古代から行われてきた九星術と気学を合わせたもので、天体の運行を元に運勢を鑑定する占いのひとつです。西洋占星術のように実際の惑星ではなく、定期的に運行する九星の配置と、生年月日の干支の組み合わせによって吉凶を占います。九星気学は占術であると同時に、森羅万象を表現する哲学と言うことができます。九星気学では生まれながらの運勢や性格を、本命星その他の配置から判定します。性格の傾向を把握することで人間関係をスムーズにしたり、適職を選んだりするのが主な目的となります。自分自身では気づかなかった一面を深く知ることは、幸運を呼び寄せるきっかけになるでしょう。また隠された長所や欠点を明らかにし、仕事面や恋愛面での相性を調べることもできます。付き合って得をする人か損をする人か、前もって見抜けるのがポイントです。方角の吉凶を占えることも、九星気学の大きな特徴です。突然の事故に遭いやすい方位を暗剣殺、徐々に運勢が低下していく方位を五黄殺と呼びます。ほかにも本命星によって、幸運を呼ぶ方位と不幸を招く方位が判定できます。凶方位を避け吉方位を積極的に用いれば、将来の開運を図ることができます。このように九星気学は、変えられない運命を告げることよりも、行動によって運勢を変えることを目的としています。対人関係や金銭や病気をはじめ、日常生活のさまざまな悩みを解決し、前向きに生きるための知恵となるでしょう。

自分磨きをすること

ストーン

カップルが倦怠期に陥る理由として、「マンネリ」があげられます。一般的に倦怠期は、カップルが付き合い出して3週間、3ヶ月、6ヶ月、1年という期間に訪れると言われています。好きな人と一緒にいてもつまらなく、会話が少なくなってきたと思う場合はマンネリに陥っていますから、しばらく距離を置いて離れてみた方がいいでしょう。なお、離れる際には、何も言わずに距離を置くと相手が不安に思いますから、倦怠期であることをきちんと説明した上で、離れる期間を告げてください。離れる期間については、先にあげた3週間、3ヶ月、6ヶ月、1年のうちから、双方でよく話し合って適切な期間を決めましょう。離れている間に行う自分磨きですが、仕事をがんばるのもいいですし、趣味を増やしたり、旅行に行ったりするのもおすすめです。一人で自分磨きをしているうちに、恋人に会いたいと思えるようになれば、そこが倦怠期を抜け出す入り口となります。その入り口は、あなたの方が早い場合も、相手の方が早い場合もあり、まったく同じタイミングではありません。しかし、次に会ったときに、再び新鮮な気持ちを取り戻すことは可能です。しかし、どれだけ距離を置いても、お互いに新鮮な気持ちが戻ってこない場合は、そもそもの相性が悪いのかもしれません。別れを考えた方がいい場合もあります。倦怠期というのは、どんなに仲の良いカップルでも必ず訪れますから、マンネリを乗り越えて新鮮な気持ちで会うことが大切です。