人生を幸せに生きるために

災難を避ける方法

占い師

「負のオーラ」と聞きますと、なにごとかと思われる人も多いでしょうが、それはなにもスピリチュアルな世界だけの言葉ではありません。実際、この「負のオーラ」と呼ばれるものを出している人は、特に霊感等がない人でも、簡単にわかったりするものです。実にそういう「負のオーラ」を出している人というものは、周囲の人に「覇気がない」、「どんよりしている」、「生気が感じられない」といった印象を与えるものですが、そのように表現をすれば簡単に理解できるものでしょう。しかしこの「負のオーラ」のもっとも厄介な点は、それが本人だけでなく、「周囲の人間にも感染する」という点なのです。これも心当たりがある人は多いと思いますが、そうした「負のオーラ」を出している人と関わっていると、こちらもなんだか疲れてきたり、やる気がなくなったりしてしまうものなのです。そういう意味で非常に厄介な「負のオーラ」なのですが、こうしたものは、色々な方法で避けることが可能なのです。しかしそういったものは、本来はスピリチュアルな分野で、専門的な技術や知識がないと、使えないものなので、素人にいきなりやれと言っても、そうそうにできるものではないのです。そこでもっとも簡単な方法としましては、「意識で避ける」というものがあります。これはそういった「負のオーラ」を持っている人が近くに来たら、そうしたオーラを「意識で弾く」のです。こう言われてもわかりづらいと感じる人も多いでしょうが、相手の周囲にある「負のオーラ」をイメージして、それが自分から離れて行くイメージを持てばいいのです。実に「負のオーラ」も弱いものであれば、こうした意識だけで、弾くことができるからです。

無料と有料に分かれる

悩む人

2017年の運勢を知るには、ネットのサイトから簡単に利用することができます。こういった運勢が分かるサイトでは、いろいろな占いの方法で公開されています。一般的な占い方法には生年月日で運勢を探る場合が多く、サイトから生年月日を入力するだけで2017年の運勢が分かります。運勢にも、全体運だけでなく、恋愛や仕事運などを細かく占っているサイトもあります。2017年がどういった年になるのか気になるときは、気軽に占うことができるのです。このようなサイトは、基本的に無料で利用ができます。しかし、運勢をさらに詳しく知りたい場合には、有料会員になればより具体的な予想やアドバイスなどがもらえます。有料会員は定期的に更新される占い情報の配信や、2017年の運勢以外の占いを利用できたりする場合もあります。有料会員になるためには、サイトごとに会員になるための案内がされています。ほとんどのサイトでは、メールを指定先のアドレスに送ってもらい、それから返信メールにアクセスすれば会員完了となります。有料会員の料金は、だいたい月額300円から500円ほどが相場となります。契約している携帯会社から携帯利用料金と一緒に口座引き落としで支払うことができるので、支払いの手間もかかりません。2017年に訪れる幸運や不運が事前に分かれば、精神的にも余裕が持てる可能性があります。悩んでいることがあれば2017年の運勢を知ることで、何か助けとなるヒントが見つかる場合もあるでしょう。

自分の運気を自分で変える

女性

古来より日本では、方位による運勢を占う風習があります。九星気学では自分の本命星とその年の年盤により方位の吉凶を占います。宇宙には見えないエネルギーが満ち溢れています。このエネルギーを精気といい、生まれた時の満ちていた精気の影響を受けるといわれています。九星気学では生まれた年によって本命星が決まり、この本命星と方位が運勢と深くかかわってきます。九星とは、一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)本命星は9つに分類されています。自分の本命星を知るには、生まれ年で決まっていますので、インターネットなどで調べればすぐにわかります。吉凶の方位を知るには、その年の年盤と自分の本命星を照らし合わせて占います。九星気学で気を付けたい点は、凶方位を知るということです。「暗剣殺(あんけんさつ)」「五黄殺(ごおうさつ」は2大凶方位とされており、この方位に行くと良くないことが身に降りかかるとされています。特に引っ越しや遠方の旅行などでは凶方位を避けることをお勧めします。逆に言えば、吉方位への移動は運気が上がるとされています。九星気学を開運法として用いると、悪い運を良い方に変え、良い運はさらにアップします。方位の力は強力です。自分の本命星を知り、九星気学を使ってどんどん運気をアップさせてみてはいかがでしょうか。